ちょっと覚えておきたいそんなこと。

Twitterじゃどんどん流れるし、Instagramほど映えるものでもないし、Facebookに投稿するには些細なこと過ぎるような行き場のないちょっと面白かったことを書きます。

面白い記事を見つけたので私の家庭の教育を振り返ります。

 

 

この記事。

学校を休ませて旅行へ行くこと。

topisyu.hatenablog.com

 

私は賛成。ただし、条件を付けたい。勉強に遅れていないこと。勉強が苦手な子だったら休ませることはしない。まだいない我が子よ。でも、学校の授業に問題なくついていってるなら休んでもいいんじゃないかなと思う。いや、掛け算が覚えられないって泣いててもそれはそれで旅行に連れて行きたくなるかもしれない…

 

f:id:shirokuma-yu:20180920144023j:image

※なんとなく小学生の頃の写真を貼ってみます

まっすぐ歩けない小学生

 

 

私の家は、義務教育が終わった瞬間めちゃめちゃゆるくなった。つまり、高校生の時。

朝「ゆっか、今日雨凄いけど学校行くの?行かないの?」と母に起こされ「行かない」と言えば学校に電話をして休みを伝えてくれていた。※親が連絡しないといけない私立高校だった。

 

それはそれは最初のうちびっくりした。「そんなんありかよ!?」でも、こういうゆるさになったのにも決定的な要因がある。

 

高校の時の成績が恐ろしく良かった。別に全力進学校でもなかったし、第一志望の高校じゃなかったから、目標にしていた高校より偏差値が低く、第一志望に行くためにものすごく勉強していた貯めが最高によかった。

「眠り姫のゆっかちゃん」と授業中起こされる始末だったが、テストでのみ成績を付けてくれる学校は私にとても合っていたらしい。寝ていて授業の内容において行かれても、家帰って教科書開いて自分で勉強するやり方がすっかりはまった。キラキラ進研ゼミ生ですな。

 

だから、雨が降って学校へ行かなくても私は自分で勉強をしていたし、成績も維持していた。そういう私のスタイルも含めて、母は「学校を休む」という選択肢を与えてくれた。

 

この点で私は学校を休むことで生産性が上がるわけだったし、この記事でいえば学校を休むことで見たことのない景色や出会い(海外旅行にでも行けば人生変わる刺激も多いだろうね)があるなら、どんどん休ませたいね。

私の友達も、お父さんの出張に合わせて休む子もいたし、ハワイに行くっていって、宿題いっぱい出されてたけど休んでいる子もいたし。

掛け算を覚える授業だけなら、旅行中の車内で一緒に覚えよう!って私は思う。

子供が大人になった時、「掛け算はさ~アメリカのルート66で覚えたよね」なんて会話、理想かよ!!!!!!最高かよ!!!!!

 

続けて理由2つ目。私の性格はクソがつくほど大真面目。

この「学校をさぼる」という一見聞こえは悪いが、人生において力を抜くこと、サボること、逃げることを教えてくれた我が家の最高の教育だったと思ってる。

因みに私の妹は私の正反対の人間なので、学校をさぼる選択肢は与えられなかった。「学校へ行け」ただその一言に尽きた。

 

ただ、休ませてくれなかったとある一日のことを、少し靄がかかりつつも忘れられない出来事もあった。

小学生のあるある、「ある日突然無視される対象になる」ってやつ。あの時は学校に行きたくなくて行きたくなくて、泣いて休みたいと訴えた気がする。でも玄関から引きずり出された記憶がある。「学校へ行け」。思い出したくなくて曖昧な記憶なのか、もう風化してるだけなのかわからないけど、ドキュメント映像に出てきそうな玄関先でのバトルシーン。

そのあとのことは覚えてないけど、結論あの時学校へ行ってよかったということ。この一瞬の出来事をいじめられたことはある、ってカウントはしてないけど、もしあの日学校に行ってなかったら不登校時代に突入していたかもね。お陰様で、いじめられることなく学生時代はいつの間にか終わっていたけど、子供の「休みたい」をすべて許すかどうかはまた違う問題かなと思います。

 

 

結論、学生は勉強が本業であって、「勉強ができないくせに旅行している」と周りに思われるならなしかな。「なんで旅行いってんのに勉強できるんだろう」という、学校を休んだ代償が常にプラスにしか働かない(そしたら代償って単語が違うかな?)駆け引きが大事かなと思う。

 

休んでも、誰にも迷惑をかけないことが大事ですね。ということで、私はもう大人で有給という素晴らしいものを手にしたのでしっかり休んでリフレッシュしていこうと思います!

子供の教育について考えるのはまだ少し先になりそうです。

 

 

おわり

座右の銘とか人生の注意事項とか

 

 

 

仕事・仕事・仕事すぎてくそつまらない今週だったので、昨日は会議終わりに30代のややおっさん2人とごはんへ行きました(会社の先輩)。あんまり一緒にご飯食べたのことない人たちでしたが、なんかいろいろ楽しかったので、少し残しておきます。

 

 

1.やっときゃよかったはいいたくない

 

これ、座右の銘だとよっぱらったややおっさんAは言いました。これが、また、響くな、おい。昨日飲んだ二人はストレートな人生じゃないから余計に重みがあった。高校中退、大学中退、そういう経験が私にはないから、新卒入社した会社くらいはとっとと辞めてみようかな、と怖いモノみたさの好奇心がうずいた。笑

少なくとも一つの選択肢としての話が出来たのは実りあり!

お給料の話とかは同じ会社だからこそできるところでもあるし、他の会社のリアルな話を聞けたのとかも、勉強になりました、まる。

 

 

2.一晩で人生なんて簡単に変わるよ

デキ婚した先輩の一言、重み数半端な言って!笑 その人の子供と遊ぶこともあるけど、そうか、君はパパの人生を変えるためにやってきたのね。パパは一生懸命働いているよ。

でも、一晩で人生変わるなんて、うん、どうかみなさんはセイフティな夜を。刺激がほしけりゃ、ありきたりがいやだったら、どうにか今を変えたければ、参考になるかはわかりませんが、とにもかくにも、人生は一晩で変わることもあるそうです。

 

 

3.結婚願望は?…それじゃなんか後悔しそうだね

結婚願望はあるかないかといえばあるが、今すぐ結婚したいかと言われたら全力でNO。ややおっさんたちは25歳のレディに平気でそういうこと聞いてきたんだけど、昨日は炭酸の抜けたコーラのせいで悪酔いしちゃってたからべらべら本音がこぼれてしまいましたよ。

そう、で、そしたら今のまま結婚したらほんと後悔しそうだね~って何気なく言われたんだけど、そうなんだよ!!!!私は結婚したくないんじゃなくて、結婚する前にやっておきたいことがある!!!!って思った。例えばシベリア鉄道でロシア横断するとかいう独身臭すごいこととか多分そういうこと。

 

いやいや、なにを先走ったこと話してるんだって。まず恋活なのに!!

 

 

といったら「俺が独身の時やっとけばよかったの、婚活アプリやっておけばよかったよ〜」とのこと。結構後悔してるらしい!!!笑

 

あれはみんなフットワーク軽いからいいよ!ってめちゃおされた!!それきいて登録してみようかな…って心揺らぐ私の軸のなさがやばい!というのに気づいたことと、まあ好奇心のままやってみるのも人生一度きり、平成生まれのツールとしてやってみようかなと前向きになったり、もう感情が忙しいなぁ。

 

 

いろんな人と話して、みんなそれぞれ面白いなと思いました。今日はこの辺で。

 

 

f:id:shirokuma-yu:20180914184859j:image

 

 

今日はあめでした。

 

 

 

おわり

Enterを叩く音でストレス値が限りなくMAXを維持している話

 

 

 

ターン

ターン

ターン

 

エンターを叩く音がめちゃめちゃうるさい人が一人いる。ちょうど2年、この音に対しての不快感がすごくて、イライラして、泣きそうだ。

そしてこれまた仕事が限りなくできない人が叩きだしている音だから(奏でているとでも言い換えれば少しはストレスレスに繋がるか?笑)余計腹立つ。決して私が仕事が出来るとかというわけじゃないが、その人が何の仕事しているのかわからないのは周知の事実。

 

私がその人のやる仕事を巻き取っている傍ら、私の後輩もその人に仕事を押し付けられていた事実が判明。「じゃぁ、あの人はなにやってんの?」と単純な足し算・引き算で生まれた疑問。

 

 

あんっっなにEnter押してるけど、

何してるの?wwwwww

 

 

ついに、検索をしてしまったんだ、私。

「Enter うるさい人」

 

そしたらいっっっぱい記事が出てきた。

みんな苦しんでるな。

 

一度気づいてしまうともう気になり続けるこのキーボードを叩く音。

 

上位の記事の中で特に面白くて、共感しあうことで少し心が穏やかになれたやつがこちら。

aoashi.com

 

 

 

その中でも一番

------------------------------------------------------------------------------------------------

f:id:shirokuma-yu:20180913110119p:plain

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

すぐさまチェック。

 

確認できる瞬間はすぐに訪れる…

ターンーン

 

 

まさに!!!人差し指・中指で叩いてやがる…

 

 

ついでに自分の指を確認するとホッ…小指でEnterを押していた。

そりゃそうだ、私はタイピングだけは1級品よ。今持っている以上のタイピング検定はないんだから。確認するまでもなく自信はあったけどね。ハハッ。

 

 

そんなこんなで、とにかくうるさい。集中力を削ぐ。耳障り、うるさい、うるさい、本当にうるさい。というストレスをぶちまけるだけの本日のブログ記事です。

 

 

2ヵ月くらい前に勇気を出して遠まわしに「前に現場が一緒だった同期のTくんがキーボード本当にうるさくて、隣の部屋まで言って「お前まじでうるさい」って言ったことあります~」というリアルネタだけど今回はそれを利用してこのエピソードを伝えたけど、全くダメでした!

 

対策としてなにかいい案があればご教示くださいませ。

はぁ、やつがいないと眠たくなるくらいこの部屋が静かだぜ…(トイレから帰ってくんな!)

 

 

 

おわり

リンさんが大好きな件についてと今後のピアスについて

 

 

とある小説の2話「ライトヘビー」より

『グッドデイ出かけようぜ。グッドデイ始めようぜ。新しい太陽、次の百年、今がグッドタイミング。始めようぜ、待っていたんだ、そう今がその時、絶好のタイミング』

 

大好きな作家さん、一言一句しみるわぁ。なぜ「とある小説」という書き方をするのかというと、好みのジャンルがばれたくないから。癖を知られるようでなんだかね。音楽もそう。自分の好きなジャンルがあからさまに出ないように、車とかでみんなと聞く音楽はなるべく多ジャンルに感じられるようにプレイリストを作る。

逆に、このフレーズだけでわかる人とはこってこてに話したいから我儘な物です。

 

 

中国人の林さん。リンさんと呼んでる(そのまま)。でも、カタカナにするだけで下の名前感でるよねぇ。

私はリンさんが大好き、というか私のモチベータ―。新卒入社した2016年、10月に現場配属したときに出会って私に仕事を教えてくれた人。いろいろその時のことはふっとばして、2017年の2月か3月(現場配属から約半年)、リンさんは移動してしまい私の隣の席からいなくなりました。あの時は本当にどうしていいかわからなかったなぁ。その時無駄にリピートしていた曲がこちら。


乃木坂46 16th 「サヨナラの意味」 Best Shot Version.【4K】

 

 

 

私は音楽はメロディで楽しむ9割だから、この歌の歌詞はいま全く思い出せない。曲名だけで聞いていた。。。リンさんとサヨナラする意味を見出したかったのだろうか…(笑)

 

 

2017年の冬にリンさんと離れ1年半、チョクチョク食事には一緒に行っては刺激をもらい、おケツを叩かれては甘やかされて、今年の24時間テレビ「あなたの人生を変えてくれた人」的なテーマにポンと浮かんでくるうちの一人です。

 

そんなリンさんがなぜ私に刺激をたくさんくれるのかというと、そもそも努力している姿が私の周りの人の中でダントツ。日本語で会話できるだけでまずすごいことだし、英語も短期間で習得してしまった。そして仕事をしながら大学院に通い、30代後半にしてキャリアプランを考えてみた(笑)といいながら10/1から新しい仕事を始めるそうだ。なんていうスピード感で生きているのかと、とうてい真似はできない。それは無理。

 

リンさんに「ゆっかちゃんは若いんだから何でもできる」といわれては特に何もしていない自分が立ち止まっているようで虚しくもなる。でも頑張ろうという気持ちはフツフツとわいてくる。

「いつ留学に行きますか?」会うたびに聞かれること。焦りをうむけど、絶妙なつつき。「とりあえず行かなきゃな」と漠然と考えている。とりあえずな、とりあえず。

 

 

リンさんが今月いっぱいで会社を辞める。いともあっさり。

 

f:id:shirokuma-yu:20180912141326j:image

 ※リンさんと行った上海で撮った写真。堂々とした著作権無視がたまらなくいとおしく感じるほど、無視。それもまた文化かな。

 

もう一緒に仕事はしていなかったから、やめようが辞めまいが今後の付き合い方も何一つ変わらないけど、でもやっぱり先へすすんでいくリンさんが遠くなるような気がしないわけではない。

 

 

f:id:shirokuma-yu:20180912141945j:image

 ※上海旅行からもうすぐ一年。あっという間の毎日だ。

 

キャリアプランなんて大層な物描けるかわからないけど、現状に不満がある限りは妥協したくないなぁなんて思ってしまう。

そして今日つけているピアスがちょうど、リンさんからもらったもの。推定1620円。私が普段つけてるピアスの3倍もする価格。(もしかするともっと高いんだけど)

 

f:id:shirokuma-yu:20180912144037j:image

 

安くてかわいいものはいっぱいあるけど、安くないピアスの可愛さはやっぱりすごい。良いものを身に付けてるだけでなんか一つ一つの動作が丁寧になる、様な気がする。

 

 

はやりものとかを安く手に入れるのは楽しい、でも、少し値が張るものでも長く使えるものをもっと使っていきたいなといま思った。

大人な女に似あうものがなにかってことよね!!

 

 

f:id:shirokuma-yu:20180912142010j:image

 この汚さもまた文化かな。

 

 

 

おわり

25歳おめでとう私

 

 

 

「来年にはもしかしらたお腹大きいかもしれないもんねぇ」

自分の娘をすぐに妊娠させたがる母。相手はだれでもいいよ、とまで言う。

「何も聞かないであげるから」

私の返事を聞かずにどんどん話を進める。

シナリオとして、ワンナイトで出来た子供をシングルで育てる娘と奮闘する私かって。

 

私いやだよそんなの!!!!来年子供産んでなくていいから普通に出会って私らしく計画的に結婚・妊娠して旦那さんと子育てしたいんだけど!!!!

 

 

バースデーイブの会話でした。

もうほんと勝手な母です。

 

 

お誕生日おめでとう私。

 

 

f:id:shirokuma-yu:20180910121107j:image

 

 

クガツトオカ!キュートの日。

我、四半世紀を生きた。

25歳になりました。ありがとうございまし。

 

 

まだまだ結婚できる気配もないし、まだ働きたいので、来年の今頃は結婚してるかもねという妄想はとてもじゃないけど小説みたいな話です。いやいやでも本当にありうる話かもしれないからああ不思議だ。

でもでもまって、私としては日本にいるかなどうかな、って話をしている方がいまはわくわくするわけで、結婚なんて!!!とはいいつつもInstagramFacebookに上がる【報告】入籍しましたっていうのにいいね♡おしつつまじかーーーーと取り残されていく感覚もないわけではなく。

心からの祝福はしてるんだけどね、「みんなどこで出会ってんの(微笑み)」という気持ちが8割です。

 

 

あ、あのね、出会いがないわけと違いますよ。女の子も男の子も、去年は知りあってもない人が当たり前の日常にいてくれたり、去年より仲良くなった友達だとか、職場の人とか。

単独行動が多いと見せかけて、たくさんの人に囲まれてるなぁと振り返れば感じられる。

一年前を思い返すとすぐに思い出せるくらいついこの間なのに、その一年の中でいろんなことがあって去年とは全然違う環境に変わってるから面白いよねぇ。細胞分裂繰り返してるよなぁ。(謎)

 

そんなこんなであっというまに25歳です。気づいたら誕生日が来てて、自分が思っているよりも周りのみんなの方がお祝いしてくれて、良い一年になると良いね!ってわっしょいわっしょいしてくれることで初めて特別な一日に感じている今日です。

 

 

なんでも節目って大事だと思って、そういう意味でやっぱり今日はいいスタートだなと感じます。ダイエットぽいことをスタートさせてみたり(ココアじゃなくてカフェラテにしたとか)、さぁこれから先5年のことを考えようと気持ちを新たにするにはやっぱり今日は一年のスタートなんですよねぇ。いやー未来みると白目なります。どう頑張っても「来月夜勤いっぱいあるなぁ、夜勤明け何しようかなぁ。あ、再来週仕事で北海道だなぁ、お寿司屋さん調べなきゃ」くらいまでを考えるので精一杯。え、やばい、仕事のことばっかじゃん。無意識…

結局は生きた先で私がどうにかするんで考えたところで仕方ないけど。でもいまのこのパワハラKにセクハラTLのストレス回避方法は真面目に考えなければならん。殺虫剤…おっと失礼。

 

 

あんまり生きる体力ないんで、焦らずゆっくりと、ただ怠らず前進していきたいなと思います。25歳だって。楽しそうだね。クスクス。

 

9/1にみたキミスイ効果で、sumikaのファンファーレ聴くと背筋がヒュッと伸びる毎日。キミスイの話をしたらメンヘラ子ちゃんになりがちだけど(爆笑)私はキミスイの世界の考え方がとっても好きなので、いい影響。

shirokuma-yu.hatenablog.com

 

明日生きてるかわからないので、思ったら即行動、あんまり迷いすぎないで行きましょう。BUTだからといって食べたいものを我慢しないのはお話が違います。

P.S.夏休み太りが止まりません。 

f:id:shirokuma-yu:20180910120945j:image

 

 

おわり

悪の教典

 

 

 

Amazonプライムでついに観れるようになったのでさっそく。悪の教典

 

f:id:shirokuma-yu:20180909003138j:image

 

 

 

本は読んでいたので、実写化どんなもんよ、という気持ちで観る。

ただ、ずっと観たかった。実写化ってどうやるんだろうって。

 

 

 

1時間経過したところで怖くなってやめる。

 

翌日、覚悟を決めて続きから再生。

 

 

 

 

 

内容わかっててもクソこええええ!!

いや、内容わかってるから怖いのかな?

 

 

休みの日に1人でサイコパス映画観るってどうなんだろう(⌒▽⌒)

 

 

 

悪の教典、本を読んだのは3年前にあの胃腸おかしくして入院していた時…。

入院してる時にこのチョイスとか、血圧上がるからやめてください!って感じあるよなぁ。

息切れしながら読んでたなぁ。ふと蘇る記憶。

 

 

映画の悪の教典、本読まないとわかんないんじゃないかなぁ??上下巻ある小説を2時間って難しいよねぇ〜という感想。本読んでれば再現率としてはなかなかなきがする!

 

 

 

その後にドラマのセトウツミみてクスクス1人で笑ってんのもキモいけど、心は穏やかでした。

 

OPがSUPER BEAVERでやっぱりいいなぁと思ってDLいっぱいしたら今朝からiPhoneの調子の悪さツラオ。容量なぁ〜〜

 

 

 

 

おわり

 

自衛隊三部作・読了

 

 

ブログをはじめたことを自分の口から言ったことはないんだけど、なんやかんや誰かに読んでもらっているようす。気づいてくれてありがとう。アクセス解析とか全然ない(アクセス数だけでる)から、これからもどうぞ読んでください。

まだ「ブログ読んだよ!」「読んでるよ!」と聞いたことは一度もない。気が向いたら正体みせてな。

 

小・中・高の友達は、私が趣味として読書をあげることを知っているみたい。

でもそれ以降の友達に本読んでいることを知られると「意外」と言われる。

この意外はギャップ萌えにカウントなるかな!?って捉えてるけど、

でも意外と言われ始めてから本が好きと言うのがなぜか抵抗ありまくりになった。

いや意外って思われることがこちとら意外で、自分が思っているより私は根暗で家に閉じこもって本を読んでいる、というイメージではないのかなと、世間様の印象と自分自身が持つ自分のイメージとの差があることに気付きはじめている。

 

 

がしかし、好きなもんは好きということで、書きたいときは堂々と書きたいなぁ…(フェードアウト)という今は意気込み。

 

 

ちょうど自衛隊三部作というシリーズを読み終えたので、一言叫びたい。

 

 

 

胸キュン!!!ごちそさま!!!

 

 

 

有川浩さんの、「塩の街」「空の中」「海の底」という

陸・空・海の自衛隊のお話し、まとめて通称自衛隊三部作

 

 

どん

f:id:shirokuma-yu:20180905232051j:image

 

 

もともとライトノベルに寄っている有川さんの文帯はあまり得意じゃない…そんな理由でなかなか読めなかったことを大後悔した過去。いまや大好き。キュンキュン補給するには有川さんですよ。いろんなジャンル読も、と思わせてくれた作家さん。

中学生の時にしっかり読んでたら人生また違う選択していただろうな~~と思う。とにかく後悔している。

 

===

例えばだけど、「痛い」というセリフがあったとして

私は「痛い」「いってぇ…」「…痛っ」という書き方が読みやすい。

有川さんは「いったぁぁぁぁぁぁああああああい!」という感じ。大袈裟かな?w

===

 

もったいない、もったいないと思いながら大事に、すこーしずつ有川さんの本を消化していっているいま。自衛隊三部作も読み終わってしまった…。

 

三部作の中でどれが一番好き?という会話が、有川さん好きな人たちとは成立する会話にようやく入れる!!!!!お待たせしました!でも、これは究極すぎる質問。答えなきゃいけないことが辛い。。。

 

 

これは三部作だけど、全部話は独立してるからどの順番で読んでも大丈夫。

でも、私は発売順に読んで、それは正解だったと思ってる。あとがきの内容とかをみても。

 

発売日順

1番目:塩の街

2番目:空の中

3番目:海の底

 

私好みランキング

1番目:塩の街

2番目:海の底

3番目:空の中

 

空の中が3番になる理由を、読んだ人と語りあいたい。

空の中もとってもいい。でもね、再読はしたくない…するけど…辛い…この複雑な気持ちわかる人~~~~!

 

有川さんの本を読むと、頭の中がお花畑になるから、有川さんの本のあとはミステリ系のチョイスが基本多いんだけどいまは…もう少し浸っていようと思ってね。

自衛隊ブコメシリーズ第一弾の「クジラの彼」を読み始めました。本を読んで口角があがるって最高に気持ち悪いよね、ほんと電車で居合わせた人申し訳ありません。マスクして読まないとだめなのシリーズ=有川浩シリーズもの作品。

クジラの彼を読みながらもうニヤニヤしながらイラッとする疑似恋愛「フユハラ~~~~~~!」という叫びを残して。

これ読めば合コンありやな!!!!!!!(未経験)と思えるくらいには我、単純。

 

 

 

おわり